夏の紫外線には危険がいっぱい

夏の強い紫外線は美肌の大敵です。私たちは真夏になると、外出する度に強い紫外線を浴びてしまうことを避けられません。また、自宅にいてもリビングの窓際やベランダでのガーデニングなど、紫外線にさらされる危険はたくさんあります。

もしうっかりと日焼けをしてしまった時、その後の美白ケアはとても重要です。そのため、正しい手入れの方法をきちんと理解しておく必要があります。もし間違ったケアを続けてしまうと後々くっきりとしたシミやしわが出来てしまい、肌の老化を早めることになってしまうのです。

シミ、しわのできる原因とは

日焼け後に肌トラブルが起きるのはどうしてなのでしょう。

紫外線を浴びると、私たちの体内にある活性酵素という酵素が活発に働きはじめます。この活性酵素とは、体内に入ってきた有害な物質と戦うことで私たちの細胞を守る役割をする、酸化作用のとても強い酵素なのです。

このような活性酵素の働きによって、私たちの体内でメラニンの生成が促されます。本来であればメラニン自体も、有害な紫外線から私たちの肌を守る物質なのですが、ターンオーバーで外に排出されず肌に残ってしまったメラニンはシミの原因となってしまうのです。

さらに、過剰に生成された活性酵素は、しわの原因になります。どうすればこれらを防ぐことができるのでしょうか。

日焼けした肌に気を付ける事

まず、日焼けをした肌はとても乾燥しているということに注意してください。赤く熱を持っている場合もあるでしょう。その状態は、軽いやけどと同じなのです。

やけどをした時、まずすることは「患部を冷やす」です。

冷たい水で患部を冷やすようにパッティングする等、十分に肌を冷やしてほてりを鎮めてください。いきなり化粧水をつける事は肌に大きな刺激となるのです。

その後肌が落ち着いてから保湿を始めます。刺激の少ない化粧水を使用し、上から乳液などをつけて肌の水分を守ります。

そして、美白成分としてビタミンC誘導体の入ったものを選びましょう。生成されたメラニンの色を薄くし、活性酵素の過剰な生成も抑えることができるからです。

しわは加齢の大敵ですが、専用の注射を打つ事で目立たなくさせたり解消が出来るので見た目がとても若返ります。