サーマクール治療器の特徴とは

サーマクールはアメリカの医療機器会社が開発した高周波を活用したシワやたるみ治療器です。高周波はレーザーや赤外線では届きにくい皮膚の深い部分である真皮層まで届きます。そこで、皮膚の表面には作用させずに皮膚の下2〜3mmの真皮部位に人工的に軽いヤケドを作ります。そしてヤケドの傷を回復させようとコラーゲン産生が活発になりたくさん生成されたコラーゲンによって肌にハリがでてシワやたるみの改善効果が期待できるのです。

また、この治療器はアメリカとカナダの厚生省に該当する機関で許可されており、安心して使用することができます。

サーマクール治療器を使用した効果について

サーマクール治療器の効果は施術直後から目に見えてわかるものではなく、そのため効果がないと勘違いされるケースが出ています。軽いヤケド状態の部位を治すためにコラーゲンが生産されるのを待つ必要があります。ですから、施術から2〜3ヶ月かけて徐々にコラーゲンが生成され、その頃から徐々に効果が現れ始めます。そして効果は施術後6ヶ月程度続き、その後は通常のお肌の老化によって自然にシワやたるみがゆっくり出始めます。そのため、効果を持続させるには半年から1年以内に再度サーマクール治療を受けたりフォトフェイシャルなど別の施術でメンテナンスをする必要があります。

治療を行う前の注意点

サーマクール治療器は2002年に初代のTC3が発表され、2007年にNXT、2010年にCPTと3回バージョンアップされています。このバージョンアップによって痛みはより少なく、1回のショットで広い範囲に効率的に熱を発生できるようになりました。そのため、痛くて有名な治療でしたが痛みに弱くなければ麻酔が無くてもできる程度になりました。

また、この治療では高周波の照射角度や位置によってシワやたるみ改善効果が変化することがわかっています。ですから施術前はサーマクール治療器の種類や施術経験を確認することが勧められます。

サーマクールは高周波の熱を利用してしわ、たるみに対する肌の引き締め効果のある治療になります。メスを使わないので短時間で行うことができます。