本当は肌ダメージが大きい

無駄毛の処理法はいろいろありますが、肌にダメージを与えない方法で行いたいものです。自宅で処理する方法として人気があるのが、カミソリ処理です。カミソリは、広範囲を短時間で処理できるというメリットがあります。またカミソリ自体が安く手に入れられるという点も人気です。ただ、カミソリで脱毛したいなら、準備とアフターケアをしっかりする必要があります。ムダ毛はなくなっても、ぼろぼろの肌にならないように注意しなければなりません。

シェービングジェルやクリームを

まず用意するのは、清潔なカミソリとシェービングジェル、またはシェービングクリーム、そして保湿するための乳液などです。

処理する前はお風呂上りなど、肌や毛が柔らかくなっているときがおすすめです。専用のシェービングジェルなどはボディソープとは異なり、滑りをよくしたり肌への負担を軽減します。毛の流れに逆らって剃ると、角質も同時に剃りがちです。毛の流れに沿って剃るようにします。剃ったあとは、乾燥を防ぐために乳液などで保湿をします。

カミソリの保管にも注意

またカミソリは数回使いまわすことが多いですが、お風呂など湿気の多いところに保管してはいけません。サビや雑菌がつきやすいからです。本当はその都度カミソリを新しいものに変えたほうがいいほどです。ですから、できるだけ水気を取り、通気性のよい場所に保管しましょう。そして、もったいないからといって古いカミソリを使用していると、剃りにくいために余計な力が入りがちです。それにより肌への負担が大きくなります。古くなったらこまめに取り換えることが大切です。

医療脱毛は美容外科などの医療機関で行う無駄毛処理を指します。医療機器や専用の薬剤を使用するので脱毛効果が高い反面、肌への刺激も強いので自身の体質を把握したうえで慎重に判断することが大切です。